2008年06月12日

ホカベン第7話

強姦罪の弁護について

加害者側の弁護をする人は、
もちろんそれは悪であると思っているが、
弁護をしなければならない。

弁護をしなくても良いことに関しても弁護をしなければいけないというジレンマはいつもあるんでしょうね。
posted by ilovedrama at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ホカベン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100324333

この記事へのトラックバック

《ホカベン》★09
Excerpt: 最初は小さな新聞記事だった。 「犯罪者の弁護人訴えられる」 そして被害者の母親がテレビのニュース番組に生出演をしてから、世間の注目が集まりだした
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2008-06-13 14:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。